遺骨の粉砕機「粉骨彩心α」

粉骨彩心α

粉骨とは、人やペットのお遺骨を粉にすることですが、

人やペットが亡くなってお墓に入るだけなら粉にする必要はありません。

今の世の中、お墓に入りたくない、入れない方が増え続け、

散骨や手元供養が増え、遺骨を粉にする粉骨が必要なのです。

人口減が確実になり、少子高齢化、核家族化が進行すればするほど

お墓を作っても無縁仏になってしまうのです。

「亡くなった方のお遺骨をどうするか」という問題は大きな社会問題であり、

散骨、樹木葬、手元供養、永代供養などの新しい形が次々と

マスコミに紹介されています。

いずれにせよ、お遺骨を粉にして量を少なくする、

或いは自然に還りやすくする粉骨という工程は絶対に必要で、

粉骨業という独立した仕事も存在するのです。

「粉骨」の需要は今後ますます増えていきます

粉骨

遺骨を粉にする粉骨は、これまで確立した方法がありませんでしたので、

既存の業者は、すり鉢を使ったり、食品用の粉砕機を使ったりして

粉砕していましたが、決して人に見せられるような作業ではないので、

お預かりしてお渡しする方法が主流でした。

しかし大切なお遺骨を預けるということは、依頼主にとって

本当に故人の遺骨が戻ってくるのかという不安を抱くことになります。

粉骨彩心は人やペットの遺骨を粉砕するために開発された専用機です。

大切なお遺骨を依頼主の目の前で粉砕してお渡しすることが出来ます。

これは大きなメリットで、信頼につながることなのです。

散骨業を開業するなら今

海の散骨

散骨をするには特別な届出や申請は必要ありませんが、

粉骨の粒度や散骨する場所、方法などについては欧米のルールに

倣っているというのが現状です。

また、散骨業をしている業者も特別な届出を提出することはありません。

但し葬祭サービスなので、葬祭に関する知識やルール、マナーなどは

心得ている必要はあります。

実際はいろいろな相談を受けたりしますので、

人生経験豊かな人向きの職業であると思います。

葬祭業はこれからの時代、ますます必要になり、

いろいろなニーズに応えていく必要があります。

散骨も重要な選択肢の一つとして幅広い層に支持されています。

散骨は決まった形があるわけではありませんので、

新しい形がどんどん出てきています。

あなたのアイデアが活かせる仕事として、そして

独立して開業するのに最適な仕事なのです。

船を所有している人が海の散骨をするのが理想です。

粉骨彩心αの購入は、カード決済OK 散骨・粉骨用品、手元供養品やすらか庵

サブコンテンツ

このページの先頭へ