粉骨の需要について

粉骨

人やペットの遺骨を粉にする「粉骨」は、

近年特に需要が増えてきました。

散骨をするには必ず粉骨する必要がありますし、

最近注目の手元供養もお遺骨を粉にしてペンダントや

綺麗な入れ物に入れて、故人やペットの遺骨を身に付けたり、

身近な所に飾っているのです。

遺骨ペンダント

また、お墓の納骨室に入らない場合には、

粉骨して小さな骨壷に入れれば解決しますし、

お墓を買う予定のない方が、大きな骨壷では圧迫感があるからと

粉骨しているのです。

ペット葬祭では、亡くなったペットを火葬した後に、

自分で散骨するからと粉骨を依頼することが多く、

ペンダントがあれば、同時に購入することがよくあるのです。

葬斎場では付加価値のあるサービスとして粉骨が人気です。

そして散骨業をする人には日常の必需品なのです。

わが国では人口減が確実なものとなり、少子高齢化や

核家族化は加速的に進行しています。

今後はお墓に入れない、入りたくないという人がますます増え、

お遺骨をどうするかという問題が深刻なものとなるのです。

お墓の問題

斎場で火葬された遺骨を骨壷に入れて持ち帰るというスタイルは

完全に定着していますので、そう簡単には変わりません。

粉骨はますます重要な葬祭サービスとなるのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ